劇団 群馬中芸 

アクセスカウンタ

zoom RSS カエルの豆太 青森・岩手公演

<<   作成日時 : 2013/09/07 08:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

温帯低気圧の影響を心配しながら、劇団の舞台班は9月2日から三日間、みちのくは青森(9月3日)、そして花巻(9月4日)へと「カエルの豆太」公演へ出掛けました。

いつもお世話になっている青森市のまきば保育園、そして劇中音楽を通してカエルの豆太に興味を持っていただいた岩手の花巻・太陽の子保育園が、群馬中芸を呼んでくださいました。





画像

      乗り日は事前の会場準備でした。出演者の稽古前の様子。
      真ん中奥に見えるブルーTシャツの人が変なポーズ。



画像

      豆太役の元気印お姉さん「やよぴぃ」です。 いつもこんな感じです。





豊かな緑に囲まれた、まきば保育園のみなさんとは3年ぶりの再会でした。今回は、交流のある保育園も一緒の観劇、園のホールはこどもたちでいっぱいになりました。
きちんと正座をして、どの子も真剣に劇を見てくれています。その集中力の高さに驚かされます。

劇の後半、ウシガエルのホーおばさんが、豆太にこの世の生きものは生きているからこそみんな‘変化’していくのだということを語る場面になっても、じっと劇に集中しているこどもたちに感銘を受けました。

正座は背筋が伸び、こどもたちの身体のバランスが保たれるいい座り方なのだそうです。
最後までしっかり劇をみてくれていました。

画像

       劇が終わったあとのこどもたち。


おおらかで穏やかな人柄の園長の山口さんや、職員のみなさんのあたたかさに再びふれることが出来た嬉しさに後ろ髪引かれながら、今回は旅程のためゆっくり交流することが出来ず、お昼をごちそうになった後すぐに保育園を出発しなければなりませんでした。
とても残念でしたが、お土産に香しいりんごとジュース、津軽塗の箸、自家製蜂蜜をいただき、心よりお礼をいって園を後にしました。






午後から東北自動車道を南下し、岩手県へと向かいます。
岩手県花巻市の太陽の子保育園に伺うのは初めてでした。


画像

       花巻市内の市街地にある保育園の外観。
       

おお、二階!ということで、劇の「仕込み」は若干覚悟がいるのですが、許可をいただいて園庭のフェンスを一部外し、そこからトラックを道路に横着けして、えんやこらと舞台を運び入れました。
懸案していた会場条件も問題なく設営することが出来、舞台セットとホールの空間がピタリとはまったように劇場空間をつくることができました。


画像





その日の宿泊先、花巻台温泉には園長の瀬川さんが道案内してくださって、夜7時ごろには「福寿館」という旅館に到着することができました。台温泉は花巻温泉郷の源泉にあたる弱硫黄泉で、深山に囲まれた通りには温泉宿が立ち並んでいました。
旅館での夕食は山里料理で、川魚がおいしかったです。





画像

      翌朝の旅館前。 さて行きますかと舞台班一名写る。


保育園での公演は上演時間が早く、今日は午前10時30分開演予定でした。

太陽の子保育園も昨日のように交流保育園のみなさんが一緒に参加していました。
宮城県から来られた錦保育園は、劇団員の太一という俳優が育った保育園で、園長の一村さんとも旧知の関係です。終演後には一村さんが本人をみなさんに紹介していました。

今日もたくさんのこどもたちが、真剣なまなざしで劇を観てくれていました。

バラシを手伝っていただいたり、お昼をごちそうになったり、お花や手土産を頂いたりと、瀬川先生はじめ保育園のみなさんのあたたかな心遣いに感謝しながら、撤収の終わった午後、お礼を申しあげて花巻市を出発、帰路へとつきました。
後日いただいた団子や餅菓子は味わい深くておいしいものでした。






『カエルの豆太』は、‘音楽教育の会’を通じて全国から度々問い合せをいただく舞台です。
常時上演可能な作品ではないのですが、「♪いざ ゆけ 仲間たち!」というテンポの良い劇中歌が、全国のみなさんに歌われ続けていることで、今回のような公演日程を単発的に組むことが出来ると、全国へと赴いて地域のみなさんとふれあうことの出来るまたとない機会が生まれます。
肉体疲労はしても、劇団・俳優冥利につきる幸福な体験をさせてもらっています。

舞台上での課題はありますが、これからもよりよい舞台に向けて励んでゆきたいと思います。

お世話になりましたみなさん、ありがとうございました。






















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カエルの豆太 青森・岩手公演 劇団 群馬中芸  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる