カエルの豆太 青森・岩手公演

温帯低気圧の影響を心配しながら、劇団の舞台班は9月2日から三日間、みちのくは青森(9月3日)、そして花巻(9月4日)へと「カエルの豆太」公演へ出掛けました。 いつもお世話になっている青森市のまきば保育園、そして劇中音楽を通してカエルの豆太に興味を持っていただいた岩手の花巻・太陽の子保育園が、群馬中芸を呼んでくださいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いなほ保育園の夏祭り

8月31日、いつもお世話になっている桶川市のいなほ保育園の夏祭りに出かけました。 毎年8月最後の休日に行われる夏祭りです。 群馬中芸は、時に照明のお手伝いなどをしていましたが、近年はただ楽しみによらせていただくという機会が多くなりました。 近頃ではなかなか見られなくなった夏の終わりの夜まつりです。 夕方、日が暮れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創立50周年記念の集い

しばらく更新していませんでした~。 この間、のぞきにきてくださった方がいましたら、すみません、、、、。 まれに更新するというペースが今後も続くかもしれませんが、気長にお付き合いいただければ幸いです。 新年度も早ふた月が過ぎ、おしめりの予感に庭先のあまがえるがここぞと声を張りあげ鳴く季節になりました。 劇団は細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤香先生お別れの会

新年に改まりました。 今年も変わらず邁進してゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 劇団結成当初から長くご支援をいただいていた佐藤香先生が、元旦に89歳で亡くなられたという知らせが入りました。もうすぐ90歳になるというお歳でした。 「香(かおる)先生」と敬愛を込めて呼ぶ劇団員を長い間見守ってくださっていた存在で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災支援公演・宮城県七ヶ浜町へ

2012年も無事演劇活動を終えることが出来ました。 今年も大勢の方々に舞台をご覧いただき、また、劇場へ足を運んでいただいたり、ご支援ご協力いただき、たいへんお世話になりました。どうもありがとうございました。 秋から冬にかけての巡回公演を終えた12月22日には、‘子どものための舞台芸術創造団体の会’から派遣依頼の連絡を受けてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「モンサントの不自然な食べもの」と、TPP

群馬県の安中地区「放射能から子どもを守る会」のお母さんたちが企画した映画「モンサントの不自然な食べもの」上映会に今秋参加しました。 たいぶ時期が経っていますが、今日的な問題のひとつである遺伝子組み換え食品産業とTPP問題について少しでも伝えられることがあればと思い、劇団ブログでも取り上げたいと思いました。 「モンサントの不自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゆめみこぞう」について

劇団の「第46回こども劇場」の作品選定にあたって、制作の石川は群馬県吾妻郡の旧・六合村(くにむら 現在・中之条町)に伝わる昔話に着目しました。 六合村は群馬県の北西部に位置する緑豊かで美しい、農と人が結ばれたくらしの風景が残る山間の地域です。 過疎化が進み、隣接する中之条町と合併し、2010年3月末に‘町’になりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の劇場「なめとこ山の熊」にご来場頂きありがとうございました 

9月22日23日の二日間、劇団群馬中芸の九月公演「なめとこ山の熊」を上演いたしました。 初日は気温も上がって蒸し暑い中、二日目は一転雨模様のなか行われましたが、今回も大勢の人々があかぎ未来スタジオにおいでくださいました。 「なめとこ山の熊」は2005年秋の初演以来、度々スタジオ公演の演目として取り上げてきました。 すで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月16日 さよなら原発10万人集会

7月16日の代々木公園のさようなら原発10万人集会に前橋の民主団体がチャーターしたバスで参加しました。 主催は「さようなら原発一千万人署名市民の会」 夕方のニュースでも各放送局が伝えたほど、大規模の集会でした。 NHK本社ビルの真ん前で行われた集会を、NHKはどのように報道したのでしょうか。確認しませんでした。 午前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゆめみこぞう」 おひさま倉賀野保育園公演

劇団の仕事はいつも朝が早い 朝焼けの東空、まだ月が輝いている西の空、2月11日の早朝 新作舞台の「ゆめみこぞう」を、はじめて巡回上演しました。 高崎市にあるおひさま倉賀野保育園が、‘保育園を支える会 文化企画’として、劇団をよんでくれました。 新しい劇は、舞台を仕込む順序がまだ決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年のはじめに

2012年が始まりました。 今年こそ、今年こそは、よい年になりますように。 私たちがみな願をかける、期待と希望をはらんだ新年つかの間の時です。 劇団も新年の顔合わせをしました。 このような世の中だからこそ、人数は少ないですが、身近な仲間とともに今年も多くのみなさんに舞台で出会えるよう、歩んでゆきたいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線数値を測る

富士見町赤城山は前橋市の中でも放射線数値が高いところです。 前橋のモニタリングポストは市街地の地上21メートルの空間で測っているので、公式発表の平均数値0.03は地表付近の数値を知りたいときには参考になりませんし、町村合併した旧勢多郡地域は赤城山山麓に広範囲に位置しているため、一様にくくることは元々出来ません。 本日(11月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

持谷靖子さんの語りを聞きに六合(くに)へ

「六合の文化を守る会」の山本茂さんから民話の語りを聞く会のご案内をいただきました。 『民話の心と語りについて』~講演と語り 持谷靖子先生~  六合入山  宿‘くじら屋’にて  10月28日(金)  午前10時から この日は群馬県民の日で、公的機関や学校はお休みになります。 忙しい大人はうっかりすると休日だという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木鶏の会 久保田穣さん 

5月15日(日)未来スタジオで第二次「木鶏の会」の例会がありました。 話題提供者は桐生市新里町の詩人・久保田穣さんです。3月11日の大震災後、「いま私が思うこと」というテーマで話してくださいました。 久保田さんは数年前から酸素吸入を常時続けなければならない肺疾患を抱えておられるので、参会したみなさん全員で久保田先生の体調を気遣い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら  たーちゃん、ちいちゃん

新緑に包まれつつある4月、二匹の猫たちとの別れがありました。 厳しい寒さの冬をのり越え、春の暖かい日には草の上でうれしそうに日向ぼっこをしていました。 大地震のあった頃から少しずつ食欲をなくし、やがてちいちゃんの姿が見えなくなりました。 ずっと探していましたが、つい数日前に長引く余震で倉庫の棚が崩れていることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震のあと

東日本の大震災後、さまざまな影響があらゆるところへ波及し続けています。 ここ未来スタジオの本拠地富士見町赤城山は、輪番停電が始まって以来、東電の通告予定通り「計画的」に停電が行われています。グループ分けは第1グループです。 新聞にもグループ分けの実行回数が不公平ではないかとの苦情が出ているとありますが、別グループと比べてもと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月11日 大地震

群馬県富士見町赤城山の未来スタジオも大きく揺れました。 最初はすぐに治まるだろうと思っていた揺れがどんどん大きくなり、建物がきしむ物凄い音がし始め、仕事の手を止めてやり過ごすことさえ出来なくなるほど揺れが大きくなりました。 足元から大きく揺さぶられる振動は、一面ガラス張りの窓やコンクリで固めている床が、薄く柔らかな膜になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水道管凍結で洪水

本日2月2日は、朝から日も良く照り、寒さゆるむ小春日和でした。 が、 出勤した劇団員が駐車場で見たものは スタジオの中から溢れ出てくる水溜まり。 一体なぜ建物の中からそよそよと水が小川となって流れ出てくるのか 元をたどっていくと、 玄関ロビーからホール、ホールから下手楽屋、あらら楽屋は水浸し!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「木鶏の会」TPP問題について

1月30日は未来スタジオで木鶏の会という集まりがありました。 「木鶏(もっけい、もくけい)の会」は、中国の故事・闘鶏に由来する木彫りの鶏のように、あらゆる状況下においてもたじろぐことなく、自分の拠り所とするものをしっかりと確立し、お互いの自由意思の下、知的好奇心を共有し合う文化交流の場として発足した、小さな会員制の集まりです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邑楽町風の子保育園公演

年末から更新しないまま早1月も最終日になってしまいました。 今年は子どもの保育に携わる人々の‘全国保育団体合同研究集会’という研究会が、群馬県で開催される年なのだそうです。 その「プレ合研」企画として昨年から県内各地で文化芸術に関わる催しも行われ、群馬中芸も「イーハトーヴォものがたりパート4 やまなし/雪渡り」を昨年5月に群馬社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more