テーマ:スタジオでの日々

二月の大雪

2月14日の大雪。 前橋は118年前から観測を開始して以来、最高の積雪記録だったのだそうです。 大雪の翌日から始まった雪との闘い。 こんなときはお互いさまですと、お向かいの喫茶店「虫の音」のチエさんとブライアンさんが雪かきを手伝ってくれました。 そして劇団員もご近所の困っている人の家へ行ったり、あちこちで道拡張や駐車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年のはじめに

2012年が始まりました。 今年こそ、今年こそは、よい年になりますように。 私たちがみな願をかける、期待と希望をはらんだ新年つかの間の時です。 劇団も新年の顔合わせをしました。 このような世の中だからこそ、人数は少ないですが、身近な仲間とともに今年も多くのみなさんに舞台で出会えるよう、歩んでゆきたいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線数値を測る

富士見町赤城山は前橋市の中でも放射線数値が高いところです。 前橋のモニタリングポストは市街地の地上21メートルの空間で測っているので、公式発表の平均数値0.03は地表付近の数値を知りたいときには参考になりませんし、町村合併した旧勢多郡地域は赤城山山麓に広範囲に位置しているため、一様にくくることは元々出来ません。 本日(11月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さよなら  たーちゃん、ちいちゃん

新緑に包まれつつある4月、二匹の猫たちとの別れがありました。 厳しい寒さの冬をのり越え、春の暖かい日には草の上でうれしそうに日向ぼっこをしていました。 大地震のあった頃から少しずつ食欲をなくし、やがてちいちゃんの姿が見えなくなりました。 ずっと探していましたが、つい数日前に長引く余震で倉庫の棚が崩れていることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月11日 大地震

群馬県富士見町赤城山の未来スタジオも大きく揺れました。 最初はすぐに治まるだろうと思っていた揺れがどんどん大きくなり、建物がきしむ物凄い音がし始め、仕事の手を止めてやり過ごすことさえ出来なくなるほど揺れが大きくなりました。 足元から大きく揺さぶられる振動は、一面ガラス張りの窓やコンクリで固めている床が、薄く柔らかな膜になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水道管凍結で洪水

本日2月2日は、朝から日も良く照り、寒さゆるむ小春日和でした。 が、 出勤した劇団員が駐車場で見たものは スタジオの中から溢れ出てくる水溜まり。 一体なぜ建物の中からそよそよと水が小川となって流れ出てくるのか 元をたどっていくと、 玄関ロビーからホール、ホールから下手楽屋、あらら楽屋は水浸し!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬支度その2

年末に向けて、大掃除をぼつぼつ始める頃になりました。 今日はスタジオ土手の草木の刈り込みにはまずまずの好天気でした。 数年間放置され、すっかり藪になってしまった北側の土手に着手します。 団員たちはチェーンソーや鋸で、荒地と格闘し始めました。 大根なみに太くなった葛の根があちこちから伸びあがって高木にか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬支度

本日はそよ風にパラパラと落ち葉の舞う爽やかな秋晴れでした。 玄関を掃いても掃いても落ち葉が溜まるので、けやきやいちょうの葉が全部落ち切るまで待つことにしました。 赤城下ろしの空っ風が吹かない焚き火日和の日に落ち葉焚きをしようと思っています。 夏の間スタジオ周囲の土手を手入れしていなかったので、大繁殖してしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然の枯れ

未来スタジオを囲む木々は、座付作者の中村欽一じいさんがそれぞれの由来を知り、大切に愛でている木々なのですが、その中のドングリから成長したマテバシイが、今年の夏、突然葉の先から枯れ始めました。 椎の木はとても丈夫で成長力のある木だそうですが、どうして枯れ始めたのか原因が分かりません。 ちょうど地元の上毛新聞に、ナラの木が伝染性の菌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天災の怖い夏です

ドン ドロドロ ゴロゴロゴロ ガラガラッ ピシャッ! ・・・・ズザザザ ザァーッッ! 8月の後半は夕暮れ前になると毎日のように大騒がせな音を響かせながら激しい雷雨が赤城山を襲いました。 こういうときは‘どんどろさん’なんて愛情たっぷりに呼びたくはありません。 ―雷神の怒髪 地を突く―といった感じです。 夕刻激しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然の日

赤城山の麓、富士見町は農業の元村。酪農家の家畜舎と畑、田んぼに通じる農道が多い。 そういう裏道を選ぶと市街地から目的地まで信号のある道をほとんど通らずに行くことができる。 これに慣れてしまうと、まちなかの渋滞や信号機待ちが耐えがたいものになってきてしまうので、とっても危険。要注意。 出勤の道すがら、作物の成長を眺められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トカゲ救出!?

7月のとある朝。 猫が屋内にカナヘビを放った。 逃げまどううち、わざわざ台所にしかけておいたゴキブリホイホイにかかってしまった・・・。 中を見てみると、憐れ捕らわれの身はカナヘビのほかにカマドウマ一匹。ゴキブリなんか一匹もかかっていない。 手足の自由を奪われたトカゲに気がついてしまった以上ミイラになるまで見過ごすことが出…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

梅干し作り

7月はよく晴れ、恵みの雨も時に激しく降りました。 少し遅い時期でしたが、今年も梅干しを作りました。 今年の寒かった春の影響でしょうか、梅の実が不作の地域が多かったと思います。 いつもどなたからか、梅の実をゴロゴロと沢山いただいていましたが、期待しているうちに梅雨も終盤になってしまいました。もらえないと分かると無性に作りたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雷と豪雨

昨日の夕刻から激しい雨と‘どんどろさん’が赤城にもやって来ました! 山間部にいると、雷はおっかないご近所さんになります。昨夜も周りの雑木林や避雷針めがけていく筋も落っこちてきました。おかげでスタジオの電話がやられてしまい、今日の午前にかけて電話が使えない状態でした。(今は復旧しています) 朝、前橋市街から山へ登ってきましたら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more